Loading...

  • 011

    yakisugi house

      ゆったりとした敷地に計画された平屋の住宅。外壁は瀬戸内沿岸で古くから古民家に使われてきた焼杉を使用。中庭を囲むように主要な部屋が配置され、それぞれの部屋から異なる高さの窓の眺めを楽しめる住まいとなっている。メインのLDKと中庭は大き目の開口部から出入りができ、庭の眺望を室内から日中、夜間と楽むことができる。LDKは勾配天井となっていて、ピアノ等、心地よい音楽が楽しめるように天井の高低差を設けている。来客の宿泊や休憩部屋としてコンパクトな和室も隣に設けられている。地窓からは低めの開口部から心地よい光と風が入る。離れの小屋には依頼主が屋外で釣った魚などを捌く流し台が設けられ、休日など中庭で屋外パーティーが楽しめるように計画されている。屋外と屋内がリビングの延長として、つながりを持ち、豊かな暮らしが味わえるようになっている、そんな住まいである。

    住宅